アパートの様々な修繕作業を知りましょう~ラクラク快適空間~

不動産

床ワックスの種類

一軒家

床ワックスは、過ごしやすく、快適な空間を実現するためには必要な修繕作業です。床ワックスには様々な物がありますが、主に成分によって大きく3種類に分けることができます。床の素材によって使い分けることで、保護効果がより高まります。樹脂を主成分としたタイプは、使用用途が広く使いがってが良いのが特徴です。仕上がりの硬いアクリル樹脂と耐久性に優れたウレタン樹脂が主成分のものがあります。無垢材に適したものに、油や蝋をス成分としたタイプがあり、古くから活用されている自然素材のワックスです。床材に応じて床ワックスの正しい塗り方は異なるので、事前によく確認し、正しい塗り方を心掛けます。
現在、多くの建物に採用されているのは複合フローリング床です。この床の場合は掃除機で埃を取り、お湯で薄めた中世洗剤で水拭きします。その後お湯で水拭きし、床をよく乾かした後でワックスを塗ります。
複合フローリング床には、樹脂ワックス向いており2度塗りが基本です。床ワックスは外壁塗装と異なり、屋内なので視線を集めにくく、高所の作業もないので、プロにわざわざ依頼する必要がないと感じている方もいます。
企業向けのワックス剤の質も向上しているので、正しい塗り方で試すことは有効です。しかし、ワックスの保護効果は濃度によって異なりますが、プロは塗りにくいとされる高濃度のワックスを綺麗に塗ることができ、ワックスの効果を高めるノウハウも熟知しています。